読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

numpyの演算

numpyの演算は、二次元の配列と一次元の配列を明確に区別している。 一次元の配列はvectorとして、二次元の配列はmatrixとして、数学的に許された演算のみ可能。 例えば、[0 1 2 3 4 5][[0 1 2 3 4 5]]の演算はできない。

def printVar(var, symboltable):
    for k, v in symboltable.items():
        if id(v) == id(var):
            print("{0}:".format(k))
            print(v)
            print("")

a = np.arange(6)
row_mat = np.arange(6).reshape(1, -1)
row_mat_trans = row_mat.T
col_mat = np.arange(6).reshape(-1, 1)
col_mat_trans = col_mat.T
add_mat = row_mat + col_mat_trans
mult_mat = row_mat.dot(col_mat)

printVar(a, locals())
printVar(row_mat, locals())
printVar(row_mat_trans, locals())
printVar(col_mat, locals())
printVar(col_mat_trans, locals())
printVar(add_mat, locals())
printVar(mult_mat, locals())

# operations causing errors
# mult_mat = a.dot(row_mat)

出力は

a:
[0 1 2 3 4 5]

row_mat:
[[0 1 2 3 4 5]]

row_mat_trans:
[[0]
 [1]
 [2]
 [3]
 [4]
 [5]]

col_mat:
[[0]
 [1]
 [2]
 [3]
 [4]
 [5]]

col_mat_trans:
[[0 1 2 3 4 5]]

add_mat:
[[ 0  2  4  6  8 10]]

mult_mat:
[[55]]

有限体の勉強するのに良い本

finite fields - Books on advanced galois theory - MathOverflow より引用。

Sierraのkarabiner elementsで日本語キーボードをUSキーボードっぽく使う

KarabinerはSierraにまだ対応していない。 Karabiner elementsでキーボードの配列を変更できるので、キーボードの配列を一文字ずついじってUSっぽく使うことはできる。

~/.config/karabiner/karabiner.jsonにキーの設定ファイルがあるので、以下を追記する。

Karabiner-Elements/README.md at master · tekezo/Karabiner-Elements

            "simple_modifications": {
              "0": "9",
              "1": "grave_accent_and_tilde",
              "2": "1",
              "3": "2",
              "4": "3",
              "5": "4",
              "6": "5",
              "7": "6",
              "8": "7",
              "9": "8",
              "caps_lock": "fn",
              "delete_forward": "equal_sign",
              "equal_sign": "hyphen",
              "hyphen": "0",
              "international1": "backslash",
              "international3": "equal_sign"
            },

次にKarabiner-Elementsを開きVirtual KeyboardのタブのKeyboard typeをANSIにしておく。

参考

std::stringでtolower/toupper

#include <algorithm>
#include <string> 

std::string data = "Abc"; 
std::transform(data.begin(), data.end(), data.begin(), ::tolower);
std::transform(data.begin(), data.end(), data.begin(), ::toupper);

Reference

MathJaxでQED記号をかく

MathJaxで証明終了の記号をかく。 記号自体は\Boxで与えられるが、右寄せにhtmlタグを使う必要がある。

<div class="QED" style="text-align: right">$\Box$</div>

class="QED"は特に意味がないので、消しても良い。

Travis CIでビルドの回数を抑える時

C++の場合は、一回のビルド・テストに非常に時間がかかるので、ビルドを減らしたい場合がある。 Travis CIでは、設定で

  • Build pushs
    • push時にビルド
  • Build pull requests
    • pull request 時にビルド

がある。 両方ONにすると、PR時に2回ビルドが走ることになる。 Travis CIの場合この2回のビルドは同じビルドではないが、PRのビルドだけ通れば十分である場合が多い。 以下のような設定を実現する方法を記載する。

  • PRでのbranchは全てビルド
  • pushでのビルドはmaster branchのみ

単純にBuild pushsをoffにすると、merge後のmasterのビルドが行われずに、badgeが更新されない。

補足

PRのビルドはmaster branchへのmerge後のビルドをしているので、pushのビルドとは異なる。 Travis CIが裏でmergeのコミットを作成し、ビルドしている。

方法

Travis CIの設定から以下をONにする。

  • Build pushs
  • Build pull requests

.travis.ymlに以下を記載する。

branches:
  only:
    # branchs through PR are built
    - master

Travis CIのOSXのビルドの開始が遅い

OSXのビルドは、物理マシンを利用しているので、利用者が多い場合は開始に時間がかかる。 下記にTravis CIのビルドステータスがある。

OSXでのjob数はずっと同じ値になっており、Jobがスタックしているのが分かる。

Reference