読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aligntaでvimで行末のコメントを揃える

vim C++

vimで行末のコメントを揃えるときの話。 矩型選択などを利用して揃えるものはあるが、プラグインを使った解説をしているものがなかったのでメモ。

準備

Aligntaを入れる。 Alingtaは、文章整形用のvim plugin。 同様のツールにAlignがあるが、Aligntaの方が高機能? markdownのテーブルの整形などにも使えるので、入れておいて損はない。

vim-alignta

インストール

NeoBundleの場合は下記でOK。

NeoBundle 'h1mesuke/vim-alignta'

やり方

下記のコードを例にする。

int a; // hoge
const int b = 1; // fuga
const double c = 2.0; // hage

揃えたい行を全て選択する。 :を押して、下記コマンドを入力する。

:'<,'>Alignta <- //

下記のように揃う。

int a;                // hoge
const int b = 1;      // fuga
const double c = 2.0; // hage

コマンドの意味

:'<,'>Alignta <- //
  • '<,'>は選択範囲を表すvimのコマンド。
  • AligntaはAligntaのコマンド。
  • <-はAligntaの整形用のオプションで、揃える文字(この場合//)の左側(ソースコード部分)は変更しないということ。
  • //は揃える文字の先頭。

補足

行末コメントを揃えるのはメンテナンス性が悪いので、googleのcoding guidelineなどでは使用しないように記載されている場合もあるが、Cの場合はマクロを見やすくするために¥を行末にいれることがしばしばある。

python coding guideline