読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macportsでcppunitのインストール

Macportscppunitをインストールする。幸いなことに、最新版がインストールできそう。

sudo port install cppunit

でOK。

サンプルを実行

正しくインストールされているかサンプルを実行する。

サンプルはcppunitのソースファイルのexampleを利用するので、下記からDLする。

CppUnit - C++ port of JUnit - Browse /cppunit/1.12.1 at SourceForge.net

cppunit1.12.1をDLしたとする。適当なディレクトリに以下のコマンドで解凍。

tar xjvf cppunit-1.12.1.tar.gz

解凍したディレクトリに移動しconfigureを実行する。

cd cppunit-1.12.1
./configure

次にサンプルのディレクトリに移動する。ここではcppunittestを例にする。

やや強引であるが次の手順でコンパイルする。

cd examples/cppunittest
make cppunittestmain

を実行するとライブラリがビルドできないと起こられるが、cppunittestのコンパイルは全て通り、カレントディレクトリに*.oのオブジェクトファイルが生成されている。

cppunitのライブラリはmacportsでインストールされているので後はライブラリをリンクして実行ファイルを作る。

g++ *.o -o cppunittest -lcppunit
./cppunittest

これで実行可能。他のexamplesも同様の方法で実行できる。