読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macでソースコードを奇麗に印刷

電車で朝まで書いていたコードのチェックとかしたい時にソースコードをPDFにして携帯やタブレットで見れると便利である。

また、デバッグが上手く行かない時に紙に印刷してゴロゴロ眺めていると思いがけずバグを見つけることもある。

インストール

MacPortsが入っていれば以下でインストールできる。

sudo port install enscript

使い方

例えば、ディレクトリ内の全ての.cppファイルと.hファイルを一つのPDFにしたいなら以下を実行する。

enscript --highlight=cpp --color --fancy-header -o output.ps *.cpp *.h
pstopdf output.ps

--hightlight=cppで言語ごとに色づけの設定を行う。色づけできる言語一覧は

enscript --help-highlight

で見ることができる。

--colorは色づけを行うという指定。--hightlightを指定してもこのオプションをつけないと、色は付かず、強調文字になるだけである。

--fancy-headerは印刷時刻とファイル名とページ数をヘッダーにfancyに挿入してくれるクールなオプション。

20150519214549

また、参考サイトにあるように縦2列にしてコードを表示することもできる。

enscript --highlight=cpp --color --fancy-header --line-numbers --landscape --columns=2 -o output.ps *.cpp *.h
pstopdf output.ps

参考

新・OS X ハッキング! (29) enscriptでソースコードをカラー印刷 | マイナビニュース