読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強のプレゼンテーションツールpowerdotをMacにインストールする

Mac

世間一般では、texのプレゼンテーションツールといえばbeamerというのが基本らしいが、最強のプレゼンテーションツールはpowerdotなので、頑張ってpowerdotをインストールする。

インストールの前に

 インストールの前に、Macportsが入っていることとTexMacportsで導入されていることを前提とする。

Macportsが入っていなくてもTeXMacPortsで導入されていなくとも良いが、ディレクトリの場所などが異なる可能性があるので、適宜読み替えて頂きたい。

以下のようにTeXがインストールされているとして、話を進める。

MacPortsでLaTeXの導入とvim-latex - adragoonaの日記

powerdotのインストール

tex関係のPackageのインストール方法は、解凍したzipの.dtxファイルか.insファイルの先頭に書かれているので、基本的にはそれに従ってインストールすれば良い。

powerdotは.dtxmanifest.txtにインストール方法が書かれているので、それに従って行う。

 powerdotを以下からDLする。

CTAN: tex-archive/macros/latex/contrib/powerdot

 powerdotのインストールにはpowerdot以外にも幾つかtexのPackageが必要になるが、powerdotのバージョンによって異なるようなので、サンプルをコンパイルしてエラーが出たら入れるようにした方が良いだろう。

私の場合は、以下で事足りた。

まず、DLしたファイルを適当な場所に解凍する。解凍すると、run, sources, docの3つのディレクトリと幾つかのファイルが出来上がる。

次に、powerdotをコンパイル必要があるので、以下のコマンドを実行するlatex powerdot.dtxが二回書かれていたりするが、必要なので、必ず二度実行する。

cd powerdot
cd run

latex powerdot.dtx
latex powerdot.dtx
bibtex powerdot
makeindex -s gglo.ist -o powerdot.gls powerdot.glo
makeindex -s gind.ist -o powerdot.ind powerdot.idx
latex powerdot.dtx
latex powerdot.dtx

以上が終わると、runディレクトリに色々なファイルが出来上がっているが、必要なのは拡張子.styのものと.clsのものだけである。

これらをtexの所定のディレクトリに移動させる。

sudo mkdir -p /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/powerdot
sudo cp powerdot-aggie.sty powerdot-bframe.sty powerdot-ciment.sty powerdot-default.sty powerdot-elcolors.sty powerdot-fyma.sty powerdot-horatio.sty powerdot-husky.sty powerdot-ikeda.sty powerdot-jefka.sty powerdot-klope.sty powerdot-paintings.sty powerdot-pazik.sty powerdot-sailor.sty powerdot-simple.sty powerdot-tycja.sty powerdot-upen.sty /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/powerdot
sudo cp powerdot.cls /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/powerdot

powerdotは、はdvipdfmxが使えないので、pdfへの変換はいくつかの手順を踏まなければならない。面倒なので、それらのコマンドをシェルスクリプトに纏める。

適当な場所に以下の内容のファイルを作り、powerdotという名前で(拡張子不要)で保存する。

#!/bin/bash

platex $1
filename=`basename $1 .tex`
dvips -Ppdf -z -f ${filename} | convbkmk -g >${filename}.ps
ps2pdf ${filename}.ps ${filename}.pdf

rubyが入っていないと、convbkmkは利用できないが、Macには標準で入っていると思う。入っていない場合は、

sudo port install ruby

で良い。

作成したpowerdotを実行権限を与えてから/usr/local/binに保存する。保存場所はパスの通っている場所ならどこでも良いが、良く分からないなら、/usr/local/binで良い。

chmod 755 powerdot
sudo cp powerdot /usr/local/bin

以下の内容をpowerdot_sample.texという名前で適当な場所に保存する。

\documentclass[style=fyma]{powerdot}

\usepackage{amsmath, amssymb, amsfonts}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{latexsym}
\usepackage{comment}

%デフォルトのフォントをゴシックに変更
\renewcommand{\kanjifamilydefault}{gt}

% 表紙の設定
\title{\huge{Powerdotテスト}}
\author{\large{阿部 隼人}}

\begin{document}

% 表紙
\maketitle

%%--- 01 page
\begin{slide}{アニメーション事始}
その1,  \pause その2
\end{slide}

\begin{slide}{itemize test}
 \begin{itemize}[type=1]
  \item ライト \pause
  \item レフト \pause
  \item センター
 \end{itemize}
\end{slide}

\begin{slide}{sample onslide+}
 \texttt{onslide }: \onslide{1}{power}\onslide{2}{dot}\\
 \texttt{onslide+}: \onslide+{1}{power}\onslide+{2}{dot}\\
 \texttt{onslide*}: \onslide*{1}{power}\onslide*{2}{dot}
\end{slide}

\end{document}

このサンプルをコンパイルしてpowerdotが正しくインストールされているかチェックする。

powerdot powerdot_sample.tex

エラーが出なければ完了だが、エラーがでる場合はエラーに対処する。

エラーの内容に応じて対応が異なるので、詳細は避けるがlistingsのインストールだけ序でに書いておく。

listingsのインストール

CTANからlistingsをDLする。

CTAN: Package listings

適当な場所に解凍する。

listingsのインストールもversionによって異なるので、version 1.5eの場合で書く。

version 1.5eでは、解凍したファイルの中にMakefileという名前のファイルが入っているので、これをmakeする。

cd listings
make

 これで、いくつかのファイルが作られるが必要なのは.sty拡張子のものだけである。これらを適切な場所に移動させる。

sudo make -p /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/listings
sudo cp *.sty /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/listings

以上でlistingsのインストールが完了する。

powerdotで日本語が文字化けする場合

コンパイル後のpdfで日本語が文字化けする場合は、ghostscriptに日本語フォントを入れると解決する場合がある。

sudo port install ghostscript-fonts-hiragino

Mactexに日本語の設定をしていない場合は、以下を実行して日本語フォントが使えるようにしている必要がある。

sudo mkdir -p /opt/local/share/texmf-local/fonts/opentype/public/hiragino/
cd /opt/local/share/texmf-local/fonts/opentype/public/hiragino
sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" ./HiraMinPro-W3.otf
sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" ./HiraMinPro-W6.otf
sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" ./HiraMaruPro-W4.otf
sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" ./HiraKakuPro-W3.otf
sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" ./HiraKakuPro-W6.otf
sudo ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" ./HiraKakuStd-W8.otf
sudo mktexlsr

詳しくは、以下などを参考。

MacPortsでLaTeXの導入とvim-latex - adragoonaの日記

TeX Forum

Mac - TeX Wiki

参考

presentation using TeX with powerdot

スライド作成用クラスファイルpowerdotの導入

いろんな文書の翻訳 - どこかWiki(日本語訳のマニュアルがある)