読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoapodsのインストール

iOSのライブラリを簡単に追加、管理できるcocoapodsを入れる。

開発レシピ:Objective-Cのライブラリ管理ツール CocoaPods | iOS開発者@日本

CocoaPods - iOS Library List 100+

まず、cocoapodsをインストールする。インストールには、rubyが必要なのでrubyが入っていない場合は入れておく。

terminalを開き以下を入力する。

sudo gem install cocoapods
pod setup

これでcocoapodsが利用可能になる。

xcodeのプロジェクトが存在するディレクトリに移動する。.xcodeprojが存在するのと同じ階層にPodfileというファイルを作り、

platform :ios

を入力して保存する。

terminalからPodfileが存在するディレクトリまで移動し、

pod install

を実行する。

正常にインストールされれば、今のディレクトリにPodsディレクトリやPodprofile.lock、`.xcworkspaceといったファイルが作られる。

今後は、プロジェクトを編集するときはxcodeprojを開かず.xcworkspaceを開いて、コードを書く。

ライブラリを追加する場合は、Podfileに以下のように記載し、

platform :ios
 pod 'JSONKit', '> 1.4'
 pod 'Reachability', '~> 3.0.0

terminalから

pod install

で良い。