読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jekyllのliquid templateで配列を扱う

GitHub Pagesは内部でjekyllを利用しmarkdownからhtmlファイルを生成している。 jekyllではrubyのliquid templateが利用できる。 liquid templateで配列を扱う方法がやや特殊なので、めも。 配列の代入 空の配列の代入は以下のように行う。 {% assign array1…

macportsでrubyのバージョンアップ

macportsでRubyのVersionUpをする。 今回macにデフォルトで入っていたのは1.8.7であった。versionの確認は以下でできる。 ruby -v これをruby2.0にupdateする。 まず、他にrubyがインストールされているか確認する。 port list ruby* でインストールされてい…